2014年7月から日本テレビ系で放送されていた「ばらかもん」。

ヨシノサツキ氏原作の漫画をアニメ化したこの作品。

原作は累計発行部数は480万部(2016年3月時点)を突破しており、今でも根強い人気があります。

そんな「ばらかもん」を見てみたいと思った方に、視聴可能なVOD(ビデオ・オン・デマンド)について徹底解説しました!

「ばらかもん」のTV放映、その他情報について

2014年7月6日から日本テレビ系列で放送されていました。

主に、日本テレビ(関東広域)、長崎国際テレビ、サンテレビ、広島テレビ、札幌テレビ、中京テレビ、ミヤギテレビ、福岡放送で放送され、それぞれ異なる曜日、時間帯で放送され日本テレビでは土曜日深夜2時20分~放送されていた作品です。

子どもたちの本格的五島列島方言。

「ばらかもん」は五島列島の方言で”元気者”という意味です。

主要キャラクターの1人である天真爛漫な女の子、琴石なるを演じたのはアニメ撮影時9歳だった原涼子です。

原作の琴石なるは長崎の五島列島の方言を使うキャラクターであったのですが、原作者のヨシノサツキは撮影時「子どもに方言は無理だと思うので、標準語で話させてほしい」と話していました。

実際には上手に方言をこなしたためそのまま方言で撮影、放送されることになったのです。

主役を演じた小野大輔曰く、琴石なる=原涼子と感じるほど、見た目・性格もそのまんまだったそうです。

見ている側がより一層、島生活を感じられるのは子どもたちの島の方言があってこそな作品です。

「ばらかもん」の動画を無料で視聴する方法は?

「ばらかもん」は遅い時間の放送だったために興味があったものの見逃してしまった、という人もいるのではないでしょうか?

ただ残念ながら、地上波での再放送の情報などはありません。

しかし動画配信サービス(VOD)で視聴する方法があります。

現在「ばらかもん」はdアニメストア、Hulu、Amazonプライムビデオ(レンタル)で見ることができます。

おすすめVOD 「ばらかもん」の取り扱い 月額料金(税込) 無料期間 アニメ取り扱い作品数
dアニメストア 440円 31日間 約4,600本
Hulu 1,026円 14日間 約1,100本
Amazonプライム 〇(レンタル) 500円~ 30日間 約920本

dアニメストアの詳細

dアニメストアは日本最大級のアニメ配信サービスです。

月額440円(税込み)で約4,600本以上のアニメ作品を観ることができます。

ダウンロード機能があり、Wi-Fi環境でダウンロードしておけば移動中などの隙間時間でアニメを楽しめる、お気に入り機能で気になる作品が追加されたタイミングを知ることができます。

31日間無料期間があるので、その無料期間の間はどの作品も見放題です。

無料期間中に解約すれば解約費用がかかることもありません。

>> dアニメストアはこちらから

通常バナー

<関連広告>

「ばらかもん」 のあらすじ

舞台は長崎県五島列島。

都会育ちの書道家・半田清舟はとある受賞パーティーで書道展示館の館長にぼろくそに批判され、感情のまま勢いで会長を殴ってしまう。

そんな清舟は父親から、人間として欠けているものを見つけ出すために島へ送り込まれてしまう。

プライドが高く気難しい性格、そして都会で育った半田には島暮らし特有の島民との距離感や自然豊な環境に戸惑いつつ、何かとちょっかいを出してくる少女琴石なるをはじめ個性豊かな島民たちの生活に馴染んでいくのでした。

受賞パーティーで「自分らしさがない」と批判され、「自分らしさとはなにか」にもがきつつも島暮らしをしていく中で自分の字・書きたい字というのが少しずつ書けるようになっていく…

「ばらかもん」の口コミ

元気者という意味の「ばらかもん」が必見!

見ているとつい憧れてしまう島暮らし。

父親も書道家で書道の世界で書道しかほぼ知らずに過ごしてきた半田。

個性豊か過ぎる島民の人々と関わり変わっていく半田の姿がなんとも愛おしく思えてきます。

島民と半田のやり取りもとても面白くついどんどん見てしまいます。

出てくる島の人々はのんびりしていて優しい人たちばかり。

見ている方も島の人々に心を浄化されるようです。

「ばらかもん」は五島列島の方言で”元気者”という意味の通り、見終わったときにはなぜか元気になってしまう、そんな作品です。

ぜひ、動画配信サービスでご覧ください!

>> dアニメストアはこちらから

通常バナー

<関連広告>