『 ドラえもん 』

ドラえもん』は、藤子・F・不二雄先生原作漫画をアニメ化。 作者が最も長く描き続けた代表作であり、日本では国民的な漫画作品の一つ。テレビアニメ化、映画化、舞台化なども行われ、多くのキャラクター商品が販売されている。海外でも、東アジアを中心に高い人気を誇る。

『 ドラえもん 』のTV放映や再放送、その他情報について

2019年10月より『ドラえもん』の放送時間が毎週金曜19時より毎週土曜17時に 「お引越し」しました。

再放送情報は確認できませんでした。

最新情報はこちらのホームページか公式Twitterでご確認お願いします。

>> ドラえもん公式ホームページはこちらから

『 ドラえもん 』 の動画を無料で視聴する方法はあるか?

違法なサイトや著作権侵害覚悟で投稿されているYoutubeやニコニコ動画などを除けば、無料で動画視聴する方法としてまず思いつくのが、動画配信サービス(VOD ビデオ・オン・デマンド)の利用です。

ビデオ・オン・デマンドの中でも特に取り扱い件数の多い、数種類を中心に取り扱い状況を確認しました。

動画配信サービス ドラえもん の取り扱い 月額料金(税込) 無料期間
dアニメストア × 440円 31日間
dTV 550円 31日間
FOD × 976円 2週間
U-NEXT × 2,189円 31日間
Hulu × 1,026円 2週間

その結果、 『 ドラえもん 』 を取り扱っている動画配信サービスは、dTVです。

dTV は初回登録から1カ月間の無料お試し期間がありますので、その期間内に視聴を完了すれば、 『 ドラえもん 』 を無料視聴することが可能です。

>>dTVはこちらから

dTV の詳細

dTVは「docomo」が運営しているVODで1コイン(550円)で視聴できるのが最大の特徴です。

最新のドラマから古い映画やアニメまで計12万作品を取り扱っています。

また、BeeTV独自の動画が見たいという人にもお勧めです。

更にオフライン視聴にも対応しており、通勤中コンテンツの閲覧による通信容量不足に悩むに人にも優しい仕様になっています。

>>dTVはこちらから

『 ドラえもん 』 の概要

のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、突然、どこからともなくのび太の未来を告げる声が聞こえ、机の引出しの中からドラえもんと、のび太の孫の孫のセワシが現れた。

セワシ曰く、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。

そんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太のもとへと連れてきたのだった。

ドラえもんがおなかの四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」は、のび太の身にふりかかった災難を一時的に解決するが、道具を不適切に使い続けた結果、最後にはしっぺ返しを受ける。

同級生のしずかジャイアンスネ夫などの友人たちも交えた日常の中で、のび太は時として反省し多くのことを学び、未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。

引用元    Wikipedia