ビデオパスの特徴とおすすめポイントについて

動画配信サービス

ビデオパス」は、KDDIが運営しているauの契約者向けの動画配信サービスです。

以前はauの契約者のみ利用可能でしたが、現在ではauユーザー以外でも利用することができます。

このビデオパスの特徴とおすすめポイントを紹介します。


スポンサードリンク

ビデオパスの概要

ビデオパスの基本情報ですが、
料金は、月額562円となっています。
無料期間は見放題プランが初回30日です。

動画本数は10000本以上となっています。

特徴としては、定額での見放題動画と、個別に課金されるレンタル動画があります。
決済に「auかんたん決済」や、携帯電話の支払いでもらえるau WALLETポイントが使えます。

ビデオパスのおすすめポイント

ビデオパスのおすすめポイントは、値段の安さとラインナップです。

動画には、見放題動画だけでなく、レンタル動画で最新作も見ることができます。
コンテンツとしては、話題の映画やアニメもラインナップしています。

また、テレビで観ることができるChromecastに対応しています。


スポンサードリンク

ビデオパスの特徴は?他社との違いについて

ビデオパスの他社との違いについて紹介します。

豊富な料金プラン

ビデオパスの料金プランは全部で4つあります。

まず1つ目は「見放題プラン」で、これがメインとなります。

月額562円で、見放題の対象となっている動画を観ることができます。
無料お試し期間は14日間あります。

2つ目が「30日プラン」で、iOS版のアプリからのみ利用できます。
これは見放題プランの期間限定版・機能限定版のようなもので、
・期間は30日で自動更新されない
・決済手段がAppleによるもの
・無料期間が無い
・対象動画のラインナップが多少異なる
といった違いがあります。

3つ目のプランが「レンタル(個別課金)」で、
新しい作品や、人気の映画作品はレンタル動画となっています。

レンタルの支払いにはau WALLETポイントも使えます。

見放題プランに加入していれば、レンタル作品を1本見ることができる「レンタルチケット」が毎月1枚もらえます。

最後のプランが「R-20 見放題プラン」で、これはKDDIが提供するスマートテレビのセットトップボックスの「Smart TV Box」限定のプランです。
このプランでは、R-20対象作品が月額2,500円で見放題となります。

有名タイトル

ビデオパスは、作品数はdTVほどではないのですが、有名タイトルをそろえているなど、ラインナップは充実しています。

ジャンルは複数用意されていて、細かくジャンル分けされています。
また、リクエストも受け付けているので、観たい作品がない場合は投稿してみるといいでしょう。

会員特典がある

ビデオパスでは、いろいろな会員特典が用意されています。

例えば、抽選で新作の特別試写会へ招待されたり特製ポスターやグッズがプレゼントされたり、といったうれしい特典があります。

Chromecastに対応

テレビに接続できる「Chromecast」に対応しているので、
ビデオパスの動画をテレビで観ることもできます。


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
?php%20echo%20$uri;%20?/js/my_sng_accordion.js