2020年10月にTBS系にてTVアニメの放映も開始され、大人気を博している『呪術廻戦』
コミックスも14巻を突破し、今や「週刊少年ジャンプ」の看板漫画の1つと言える作品になりました。

おすすめ「呪術廻戦」取り扱い動画配信サービスの紹介

VOD名 対象作品の配信状況 月額利用料 無料期間
FOD
976円 ( 税込) 14日間
U-NEXT 2,189円 ( 税込) 31日間
Hulu 1,026円 (税込) 14日間
dTV 550円 (税込) 31日間
dアニメストア 440円 ( 税込) 31日間
Amazonプライム 月額500円、または年会費4,900円(税込) 31日間

動画配信サービスには無料お試し期間が設定されており、期間内であれば高画質フル動画が実質無料でスマートフォンやタブレット、PCでお手軽に視聴することが可能です。
お試し期間が終了すると料金が発生します。

作品ごとに配信期間や料金が設定されている場合がありますのでご注意ください。

「呪術廻戦」物語のあらすじ

人間の負の感情がもたらす「呪い」によって「呪霊」という化け物が生まれ、各地で不審死が発生している日本。
常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病院で祖父を看取った後、呪術高専の1年生・伏黒恵(ふしぐろめぐみ)と出会う。
伏黒は、虎杖が以前に拾った特級呪物「両面宿儺(りょうめんすくな)の指」を探しているという。
しかし、「両面宿儺の指」は既に虎杖の先輩に渡っており封印を解いてしまっていた。
この指は、放っておくと死人が出るほど危険な代物で、本来は厳重に封印されなければならない。
封印が解かれた指から出る呪力を取り込もうと、わらわらと学校に集まる呪霊達。伏黒とともに現場に向かった虎杖は、「オマエは強いから人を助けろ」という祖父の遺言に従い呪霊達と闘う。
しかし呪いは呪いでしか祓えないことに気付いた虎杖は、一か八かで猛毒である「両面宿儺の指」の指を呑み込むが…

主なキャラクター


・虎杖 悠仁 (いたどり ゆうじ)
呪術高専1年生。並外れた身体能力の持ち主で、明るい性格。非術師だが「宿儺の指」を呑み込んだことで、「宿儺の器(すくなのうつわ)」となり呪力を使えるようになった。


・伏黒 恵 (ふしぐろ めぐみ)
呪術高専1年生。口数は少なくクールに見えるが、その半面実は仲間思い。得意な戦闘スタイルは、複数の式神を使う遠距離攻撃。呪詛師・伏黒甚爾の実の息子である。


・釘崎 野薔薇(くぎさき のばら)
呪術高専1年生。「田舎が嫌で東京に住みたかった」という理由で呪術高専に入学。自分の容姿に自信を持っており、喧嘩っ早いが相当の度胸の持ち主。武器は五寸釘・金槌・わら人形。


・五条 悟(ごじょう さとる)
呪術高専1年担任・特級呪術師。28歳。"最強の呪術師"と呼ばれ、呪術師からも呪霊からも恐れられている。一見チャラチャラしていて掴みどころがない。若く優秀な呪術師を育成するため教鞭を取った。


・両面 宿儺 (りょうめんすくな)
特級呪霊で「呪いの王」と呼ばれており、非常に残虐な性格。特級呪物として20本の指が封印されているが多くが行方不明になっている。

>> FODプレミアムはこちらから【まずは無料でお試し!】

「呪術廻戦」の見所

ストーリー性も良いが何と言っても登場人物が繰り出す数々の技に注目です!

呪術廻戦に出てくる呪術師と呪霊は、ほとんどが自分たちだけの術式を持っています。

例えばもう一人の主人公である伏黒は影と※式神を操り、釘崎は藁人形と釘を使った術式を司ります。

(※陰陽道の陰陽師が使役する鬼神のこと。人心から起こる悪行や善行を見定める役を務めるものである。識神、式の神とも言い、文献によっては式鬼や式鬼神とも言う。)

その迫力は強いキャラであればあるほど大きくなり、作中最強の五条は地面に底が見えない穴を開けたり、すべての攻撃を無力化したりハチャメチャ。

そして主人公の虎杖はいまだに術式が明らかになっていません。どうやら、本人も無意識のうちに使っている様子・・・。

また、上位のキャラしか使用できない【領域展開】は、これまたすごい迫力です。相手を自分の作り出したフィールドに閉じ込める、反則技のような強さを持った術式ですが、キャラごとによく特性を映し出しています。

漫画版ですらスゴイ迫力なので、アニメで見るとド迫力であることは間違いなしでしょう!

まとめ

『鬼滅の刃』や『進撃の巨人』などの大ヒットにより、ダーク・ファンタジーが一躍脚光を浴びました。

本作『呪術廻戦』も、人を呪い、人を化け物に変え、多数の死人が出るので昔の少年漫画と比べればかなり過激なシーンはありますが、ダークの中にあるコミカルな場面にも注目。

主人公・虎杖の底抜けの明るさにも救われますし、「呪いの王」である両面宿儺との掛け合いですらニヤリとさせられることも。。。

さまざまな思いが交錯するダークファンタジーに、今後も目が離せません!

>> FODプレミアムはこちらから