2020年1月19日 更新

2020年1月18日より全4回で放送する「心の傷を癒すということ」

阪神淡路大震災に直面し、自ら被災しながらも 被災者たちの心を癒した精神科医のドラマ。

主演を柄本 佑さん、妻役に尾野真千子さん、親友を濱田岳さんなど俳優陣も豪華です。

全4回なので見逃してしまうと、あっという間に終わってしまいます。

そんな時に便利なVODや、無料の見逃し配信はあるのか調べてみました。


スポンサードリンク

「心の傷を癒すということ」VOD・無料見逃し配信

「心の傷を癒すということ」はNHKでの放送ですので、無料の見逃し配信は『NHKオンデマンド』で確認されました。

(配信スタートは19日です。)

>>NHKオンデマンド 公式サイト

VOD 対象作品の配信状況 月額利用料 無料期間
Hulu × 1,026円 (税込み) 2週間
FOD × 888円 (税抜き) 1か月間
dTV × 500円 (税抜き) 31日間
U-NEXT × 1,990円 (税抜き) 31日間

その他、VOD(ビデオ・オンデマンド)サービスについても調べてみましたが、NHK作品はVODサービスも『NHKオンデマンド』のみの取り扱いになります。

<NHK オンデマンドの紹介>

NHKにて放送されたドラマやニュースなどに特化した動画配信サービスです。

料金体系は3タイプ

都度課金 110円~

見たい動画があった場合、都度 視聴料を支払います。

見逃し配信 見放題パック 990円/月(税込み)

NHK総合・Eテレ・BS1・BSプレミアムの4チャンネルの番組の中で、見逃し配信されているものが見放題になるパックです。

放送後もしくは翌日から14日間程度、見逃し配信を視聴可能です。

特選番組 見放題パック 990円/月(税込み)

過去に放送された番組の宝庫「NHKアーカイブス」から、名作ドラマやNHKスペシャルなど多彩な番組が見放題になります。

 

<NHKオンデマンド主要作品>

【歴代連続ドラマ小説】

おしん (1983年放送)

(キャスト:浅茅陽子・乙羽信子・野村万蔵・大橋吾郎 他)

特選番組 見放題パックで視聴可能

あまちゃん (2013年放送)

(キャスト:能年玲奈・小泉今日子・宮本信子・杉本哲太 他)

特選番組 見放題パックで視聴可能

ちりとてちん (2007年放送)

(キャスト:桑島真里乃・和久井映見・松重豊 他)

特選番組 見放題パックで視聴可能

【エンタメ作品】

チコちゃんに叱られる! 

(キャスト:岡村隆史(ナインティ―ナイン))

最新話のみ、見逃し配信見放題パックで視聴可能

ねほりんぱほりん

(キャスト:山里亮太(南海キャンディーズ)・YOU)

最新話は見逃し配信 見放題パックで視聴可能

過去放送分は特選番組 見放題パックで視聴可能

>>NHKオンデマンド 公式サイト

「心の傷を癒すということ」の概要

<スタッフ>

原案 – 安 克晶

脚本 – 桑原亮子

演出 – 安達もじり、松岡一史、中泉 慧

音楽 – 世武裕子

制作総括 – 城谷厚司

プロデューサー – 京田光広、堀之内礼二郎、橋本果奈、齋藤明日香

<キャスト>

柄本 佑 – 安 和隆

尾野真千子 – 安 終子

石橋 凌 – 安哲圭

キムラ緑子 – 朴美里

森山直太朗 – 安 智明

上川周作 – 安 壮介

濱田 岳 – 湯浅浩二

趙珉和 – 谷村英人

濱田マリ – ママ

谷村美月 – 結城理恵

内場勝則 – 校長先生

紺野まひる – 梓

清水くるみ – 片岡心愛

浅香航大 – 北林史也

平岩 紙 – 新島聡子

近藤正臣 – 永野良夫

<イントロダクション>

1995年1月。

神戸の街を襲った大震災は『阪神淡路大震災』と名付けられ、日本の震災の歴史にその名を刻んだ。

当時、その神戸の街に沢山の人の “心” を救おうとした1人の医師がいた。

精神科医・安 和隆、その人である。

日本にまだまだ精神科医というものが根付いていなかったからこそ、彼は『心』に惹かれ、その重要さに気付いていたのかもしれない。

彼の温かさと、その心に触れる 全4回の物語。

 

>>「心の傷を癒すということ」公式サイト


スポンサードリンク

「心の傷を癒すということ」各話あらすじ

第1話「神戸、青春の街」 2020年1月18日 放送

視聴率 6.5%

両親が在日韓国人であることを幼いころに知り、それ以降 自分のアイデンティティを模索し続ける青年・安 和隆(柄本佑)。

ジャズと読書を愛し、ピアノはプロ並みの腕前なのに、とてもシャイで弱気。

特に 父親の哲圭には、何も言えないほど、呼吸を忘れるほど緊張するのであった。

親友の湯浅浩二(濱田岳)と共に医学の道に進み、大学で出会った永野良夫教授(近藤正臣)の影響で精神科医を目指す。

その決断を、父は喜ばなかった。

人の為に働こうと思う気持ちがないのか!と和隆を恫喝するが、今回ばかりは折れないのだった。

和隆を精神科に惹かれる理由 ー それは、『心を知りたい』という純粋な気持ち。

和隆の日々に転機をもたらした恋人・終子(尾野真千子)の前向きでひたむきな姿。

運命的な出会いから、お互いを掛け替えのない存在と認め合い、幸せな結婚をする。

可愛い娘にも恵まれ、和隆は様々な症状に悩み苦しむ患者さんと真摯に向き合う日々。

気付けば34歳で医局長という肩書きまで付いていた。

ひたむきに、実直に。

そんな時、和隆の住む神戸の街を震災が襲う ― 1995年1月のことだった。

「心の傷を癒すということ」の口コミ


スポンサードリンク