2002年に放送されていた月9ドラマ「空から降る一億の星」。

韓国ドラマとしてリメイクもされています。

あの 明石家さんまと木村拓哉の W主演というだけでも豪華なのに、深津絵里・井川遥・柴咲コウと、共演女優陣も華やか!

実は、2020年1月4日・5日 木村拓哉 主演のスペシャルドラマ「教場」の放送を記念して、2019年の締めくくりに12月9日より絶賛再放送中です!

>>再放送の情報は 公式サイトへ

 

「見てた」という人も、「初めて聞いた」という人も、2度と揃わないであろう豪華キャストを無料で観られる動画配信サービスがあるか、調べてみました!

「空から降る一億の星」の動画配信サービス

このドラマは過去にも人気が高かった作品ですのでインターネット上の無料動画配信サービスで観られるかもしれません。

しかし、安心・安全・高画質で動画の配信を観るのにおススメなのはVODと呼ばれるビデオ・オンデマンドです。

様々な配信元があり、動画以外にも楽しめるコンテンツも多いのが現在の主流ですが、それ故 どれを選べば良いか迷ってしまいます。

「空から降る一億の星」の配信状況と共に、各社の比較をしていきましょう。

VOD 「空から降る一億の星」の配信 月額料金 無料期間
FOD × 888円(税抜き) 2週間
U-NEXT × 1,990円(税抜き) 31日間
Hulu × 1,026円(税込み) 2週間
dTV × 500円(税抜き) 31日間
TSUTAYA TV × 933円(税抜き) 30日間

残念ながら、現在 VODでの取り扱いは無いようです。

主演俳優がジャニーズであった場合、VODでの配信がされにくい傾向があるようです。

ですが、TSUTAYAのレンタルDVDの宅配サービス TSUTAYA DISCAS (ツタヤディスカス)で「空から降る一億の星」の取り扱いがあるようです!

動画での配信がされていない作品でも、DVDになっていればレンタルで借りることができます。

今は自宅に届けてくれるので、見終わったら郵便ポストに投函するだけで返却OK!

更にTSUTAYA TVとの併用もでき、どちらも30日間無料でお試しできます。

>>気になる方は TSUTAYA DISCAS 公式サイトへ

 

「空から降る一億の星」の概要

スタッフ

企画 – 石原隆「HERO」(2001年)、「ワンダフルライフ」(2004年)

脚本 – 北川悦史子「ビューティフルライフ」(2000年)、「連続テレビ小説 半分、青い」(2018年)

演出 – 中江功「ギフト」(1997年)、「Dr.コトー診療所」シリーズ

– 平野眞「HERO](2001年)、「観察医 朝顔」(2019年)

プロデューサー – 高井一郎「踊る大捜査線 THE MOVIE」シリーズ」

主題歌 – 「Smile」Elvis Costello

キャスト

明石家さんま – 堂島 完三

木村拓哉 – 片瀬 涼

深津絵里 – 堂島 優子

井川遥 – 西原 美羽

柴咲コウ – 宮下 由紀

田山亮成 – 大沢 隆

八島智仁 – 日下 圭太

大澄賢也 – 柏木 直哉

金子貴俊 – 向井裕希

森下愛子 – 杉田琴子

豊田真帆 – 柏木小百合

 

 

あらすじ

第1話「出逢い」

放送日:2002年4月15日 視聴率:25.7%

堂島完三は46歳・独身、日ノ出警察署 所属の刑事で、編集者に勤務している妹の優子と2人暮らしをしている。

趣味が高じて うどんを作るのが上手く、最近では刑事を辞め、どこかで うどん屋でもしようか、と考えることもあった。

一番の気掛かりは、優子の幸せだけ。

完三は優子の幸せを心から願っている。

ある日、優子の元家庭教師で西原財閥のご令嬢、美羽の誕生日パーティーが豪華客船で開かれるのに、完三と優子は招待されていた。

だが、事件は日にちを選ばない。

殺人事件と見えるよう偽装工作された女子大生殺人事件が起こり、完三は担当することになる。

完三が美羽のパーティーが行われる船に向かって車を走らせていると、1台の車とすれ違う。

その車を運転する男・片瀬 涼と視線が合った瞬間、完三の運命の歯車を動かす衝撃を残したのだった。

 

第2話「悪い男」

放送日:2002年4月22日 視聴率:23.5 %

高級フレンチレストラン『レーヴ』。

完三と優子は、優子のお見合いでこの店にやってきた。

お見合いの相手は大学職員の日下圭太。

お見合いの最中に店のギャルソンのミスの対応に現れたのは、この店のコック見習いの片瀬 涼だった。

涼に会うのはあの船上パーティーで起こった乱闘事件以来である。

一方 美羽は、あのパーティーの日に出会って以来、涼に心惹かれていった。

婚約者である柏木直哉に 涼へと募る想いを伝えるも、柏木は認めようとしなかった。

完三の担当する女子大生殺人事件に進展があり、被害者の元恋人が日ノ出署に任意同行でやってくる。

しかし、完三の『刑事の感』は、元恋人が犯人ではないだろうと感じていた。

 

第3話「裏切り」

放送日:2002年4月29日 視聴率:22.0 %

優子は日下との交際を順調に進めていた。

完三は優子が結婚するとなると、優子の腕に残る火傷の跡を消して、綺麗な身体で嫁に出してやりたいと思っていた。

ある日、優子は取材で あのフレンチレストラン『レーヴ』を訪れることに。

すると取材対応に現れたのは涼だった。

休業日のため、2人きりの空間で優子が感じたのは 涼の孤独だった。

優子は涼の抱える孤独に共鳴し、更に”お揃いの火傷の跡” を持っている事がわかり、2人の間に流れる空気が揺らぎ始める。

そんな中、完三は行きつけの定食屋で涼と彼女らしき女性と鉢合わせる。

美羽と涼が付き合っていると聞かされていた完三は、涼に対して憤然として涼をにらみつける。

すると、涼の連れた女性・宮下由紀が殺された女子大生の資料写真に写っていた事を思い出す。

別に日に、完三は美羽に涼は危険だと諭すが、美羽は聞く耳を持たず、感情的になり、完三から貰ったブレスレットを外し立ち去る。

そのブレスレットは、一度壊れた時 涼が全く同じ石の配置で直したと優子から聞かされた完三。

涼を中心に散らばる事件のピースに、完三は気付き始める。

 

第4話「悲しい真相」

放送日:2002年5月6日 視聴率:24.1 %

完三は自分の思った疑問を直接 涼にぶつけてみた。

「人を殺した時、どんな感じだった?」

それは、前に涼が完三に向けて投げかけた言葉でもあった。

だが、涼は事も無げに否定する。

納得のいかない完三は、同僚の女性刑事・杉田琴子を連れて『レーヴ』に行き、食事の時に理由を付けて涼を呼び出し琴子に会わせてみる。

一方、美羽は朝帰りが両親にばれて 外出を止められていた。

美羽が涼と会える可能性があるとすれば優子に頼ることだけ。

優子は美羽の為に涼と会えるように画策する中で、前ほど割り切れない気持ちが自分の中に芽生えつつあるのを見て見ぬふりをするのだった。

 

第5話「死の口づけ」

放送日:2002年5月13日 視聴率:22.3 %

美羽から託された手紙を涼に渡すために会う約束をした優子と涼。

手紙を渡す為に会い、食事をして、お互いの過去のことを少しづつ共有しあう。

その姿を見ていたのは、涼に特別な感情を抱いている宮下由紀だった。

涼は誰に対しても心を開かない…そう思っていたのに、由紀の目に映る涼は 優子を受け入れていた。

嫉妬した由紀は優子を刺そうとするが、それを阻止したのは完三だった。

美羽の手紙に一向に返事を書こうとしない涼に、苛立ちを覚える優子。

美羽の財産が目当てだったのかと涼を罵るが、それに対して涼は何も反論できなかった。

人を愛さない人は、人から愛されない。

それは、優子にも同じことだったのだ。

 

第6話「急展開、殺人」

放送日:2002年5月20日 視聴率:20.3 %

涼の飼って鳥が逃げ出し、その鳥を見つけた優子が涼の自宅へ届けることに。

そして、初めて涼の核となる言葉を聞く。

「誰も信用しないし 愛さない。だから、傷付かない」

自分の心を鳥かごに閉まっている涼に、青空に憧れているという優子。

本当は愛したい…そんな言葉に引き寄せられるようにキスを交わす優子と涼。

お互いの心に嘘を付けなくなっていく。

そんな中、美羽が家出をし 涼にずっと一緒にいてくれという。

美羽の婚約者の柏木直哉は涼の身辺を調査し、女子大生殺人事件の被害者と涼の接点をチラつかせて美羽を返せと匂わす。

完三は刑事を辞める辞令が降り、優子は日下とのお見合いを白紙に戻すのだった。

 

第7話「美羽、その愛と死」

放送日:2002年5月27日 視聴率:22.3 %

家出から連れ戻された美羽は、直哉との結婚さえなければ涼と一緒に居られると思い直哉を射殺してしまいます。

その直後に呼び出された涼は 美羽を逃がし、自分がやったようにする為に発砲します。

しかし、その発砲が引き金となり、涼は記憶の断片のフラッシュバックが起きます。

やってきた警察に涼は捕まりますが、発砲位置の相違などから料以外の人間が一緒に居たことを疑います。

自分を庇って捕まったと思い、遺書に自白と涼への愛をしたため、美羽は自殺してしまいます。

警察は、美羽を実行犯と認め、涼を釈放しますが完三は怒りを露にします。

涼は飼っていた鳥を優子に預け、行き先を告げずに どこかに行ってしまいます。

柄にもなく優子を抱きしめ、似合わない約束を残して…。

 

第8話「明かされた過去」

放送日:2002年6月3日 視聴率:19.2 %

由紀からの電話で異常を感じ取った完三は、由紀の家へと走り、間一髪で由紀の自殺を食い止めた。

由紀は完三を信用し、真実を伝えます。

完三は由紀に 美羽と同じような道に進んでほしくなかったのです。

完三は涼に自白を迫ります。

そして、優子に二度と会うなと釘を刺します。

でも、完三の想いとは裏腹に涼と優子の距離は加速度的に近づいていきます。

優子を守りたい完三の出した結論とは…?

 

第9話「二人結ばれた夜」

放送日:2002年6月10日 視聴率:19.6 %

優子と会うな、と釘を刺したはずが 逢瀬を止めない涼。

他に術がなかったと言い訳しながらも、優子に涼を刺したと伝える。

優子は困惑して謝るが、涼が悪いという完三。

完三には、人々を狂わせる涼から 優子だけは守りたかったのです。

日下は優子の事を大切に思うからこそ、優子の最中を押します。

後悔が無いように、涼が旅立つ前に、会いに行けと。

そして、2人は結ばれます。

涼は自分の過去の記憶を探しに旅に出ます。

時を同じくして、どこかに車を走らせる完三。

25年の時を超えた真実が明らかになろうとしていた。

 

第10話「悲劇」

放送日:2002年6月17日 視聴率:18.9 %

涼は記録と記憶を探しに行った先で、自分の生まれ育った家に辿り着きます。

部屋に入ると曖昧だった記憶が鮮明に蘇ってきます。

そこで思い出した事は、まさに悲劇だった。

しかし、真実を確かめるために涼は優子や琴子に完三の過去を探ります。

と、同時に取り入っておいた柏木直樹の姉・小百合から拳銃を手に入れます。

涼は自分の過去と繋がる完三に直接 本当のことを聞きに完三の前に現れます。

ただ、真実を聞いても受け入れられません。

完三は、更なる秘密を 抱えたまま涼に言えずにいました。

涼は優子と一緒にいる時だけ、心が自由になれるのでした。

鳥かごから出て、初めて飛ぶ鳥のように…。

 

 

最終回「運命」

放送日:2002年6月24日 視聴率:27.0 %

完全に記憶を取り戻した涼。

完三に自分の “妹” の存在について確かめます。

全てを知って、優子の元を去ろうとする涼と、涼に本心を知らずに 涼の行動を理解できない優子。

やがて、運命は全ての終結に向かって、始まりの場所へと動いていく…

 

 

「空から降る一億の星」の口コミ