水木しげる原作の代表作 ゲゲゲの鬼太郎

原作は 妖怪 という古くから教訓として利用される事柄を扱っている性質上からか、世代を越えて愛され、親しまれ、必要とされる作品として長く息づいています。

 


スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の再放送を視聴する方法

長く国民に親しまれるこの作品は、第1期とされる1968年の放送から、世代をまたぎながら、2018年に始まる第6期まで連続アニメ化されています。

放送は フジテレビ系列 での放送 日曜日 09:00~09:30

地上波のほかには

CS放送で アニマックス での放送(月曜日~金曜日 13:30~14:00)となっています。

ネット配信では

J:COMオンデマンド 、 ビデオパス 、 アニメ放題 、 ニコニコチャンネル 、 ビデオマーケット 、 東映アニメオンデマンド 、 DMM.com 、 music.jp 、 TSUTAYA TV 、 HAPPY動画 、 GYAO! 、 NETFLLIX 、 バンダイチャンネル でも取り扱いがあります。

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の動画を無料で視聴する方法はあるか?

違法なサイトや著作権侵害覚悟で投稿されているYoutubeやニコニコ動画などを除けば、無料で動画視聴する方法としてまず思いつくのが、動画配信サービス(VOD ビデオオンデマンド)の利用です。

ビデオオンデマンドの中でも特に取り扱い件数の多い、数種類を中心に取り扱い状況を確認しました。

動画配信サービス ゲゲゲの鬼太郎(第6期) の取り扱い 月額料金 無料期間
dアニメストア 400円(税抜) 31日間
dTV 500円(税抜) 31日間
FOD 888円(税抜) 1カ月間
U-NEXT 1,990円(税抜) 31日間
Hulu × 933円(税抜) 2週間

その結果、ゲゲゲの鬼太郎(第6期)を取り扱っている動画配信サービスは dアニメストア、dTV、FOD、U-NEXT です。

dアニメストア は初回登録から1カ月間の無料お試し期間がありますので、その期間内に視聴を完了すれば、ゲゲゲの鬼太郎(第6期)を無料視聴することが可能です。

>>dアニメストアはこちら

dアニメストアの詳細

NTT docomo が提供するアニメ専用動画配信サービス

他の動画配信サービスと比較して、動画の本数は少ないものの、扱っている「アニメ」の作品数は国内で最大!!

他のサービスでは見る事ができないアニメも、このサービスで発見できることは多いうえに、運営会社にリクエストを送ることもできます。

さらには、最新作品の反映も早いため、まとめてじっくりアニメを楽しみたいかたには是非ともオススメの配信サービスです。ただし、新しめの作品は少しの間、レンタル制を採っています。

極めつけは、月額料金。他のサービスとの比較で最も安いため、ターゲットが アニメ にしぼられているかたは、ムダ無くこのサービスで最大限に楽しむことができるはずです。

同じ提供会社が運営する dTV 同様、視聴に対応したデバイスも網羅されており、また、ダウンロードの可能なため、Wi-Fi環境下でダウンロードした動画を外出先で観ることもできます!


スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の概要

片目の妖怪(妖怪と人間の混血との設定も) 鬼太郎

人間と妖怪の平和な共存を願い、人間に危害を加える妖怪と戦います。

目玉のおやじ、猫娘、ねずみ男、砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿、ぬりかべなど、シリーズの中で定着したレギュラー妖怪と共に、強い敵とも渡り合います。

倒すのは、妖怪だけではなく、ときには悪さを働く人間を懲らしめることも。

心の清い人間を表現したり、はたまた、妖怪を通して人間の身勝手さを表現したりなど、教訓にもなる作品です。


スポンサードリンク